京都とお寺

日本は長らく、仏教の文化に支えられて発展してきました。
戦後になると段々と宗教の色は薄れてきて、今ではあまり仏教の恩恵を感じることも多くはありません。
それでも、日本国内の様々な場所にお寺が残されているのは、その文化を尊重してのことでしょう。
特に現在でも多くの古いお寺が残されている場所であるのが「京都」です。
それでは、京都におけるお寺の文化というものについて考えてみましょう。
京都は長く日本の首都として、天皇陛下のお住まいになられる場所でした。
それだけに、京都の街というのはそれ自体が「魔除け」の効果があるように設計されてきたという歴史があります。
鬼門と呼ばれる災いを運ぶ場所にお寺を設置するなどして、その侵入を防ぐような試みもされてきました。
しかし、京都におけるお寺というのは、一時期苦境にたたされたこともありました。

例えば織田信長の時代です。
織田信長の統治時代においては、一部のお寺が弾圧されるという事件も起こりました。
比叡山延暦寺の焼き討ちなどは、歴史に残る大事件として知られています。
この背景にはお寺側が武力を持ち武家に取って都合の悪い存在になっていた、ということも考えられています。

さて、現在では武力持つお寺もありません。
安心して行くことが出来る「和」のスポットです。
そんな京都のお寺で、今高い人気を誇っているのが「座禅体験」です。
そこでここでは、京都で体験できる座禅について、より詳しい情報を紹介します。



<注目サイト>
京都の結婚式場をお探しならこちらのサイトを参考にしてみて下さい … 京都 結婚式場

Copyright © 2014 古都・京都で座禅体験 All Rights Reserved.